記事詳細

日馬富士、28日にも略式起訴 貴ノ岩への暴行事件で鳥取地検

 大相撲の元横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身=が貴ノ岩(27)を暴行し、負傷させた事件で、鳥取地検は28日にも傷害罪で元横綱を略式起訴する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 鳥取県警が11日に傷害容疑で元横綱を書類送検していた。地検は、貴ノ岩の処罰感情や負傷程度、引退した元横綱が受けた社会的制裁などを考慮し、刑事処分を慎重に検討してきた。

 捜査関係者によると、元横綱は秋巡業中の10月25日夜から26日未明にかけて、鳥取市内にあるラウンジの個室で、酒を飲んだ上、貴ノ岩を素手やカラオケのリモコンで殴り、頭部に10日程度の裂傷などを負わせたとされる。

 元横綱は暴行の事実を認めている。個室では白鵬と鶴竜の両横綱、照ノ富士らモンゴル人力士や石浦、地元関係者らが同席していた。伊勢ケ浜部屋に所属していた元横綱は、事件の責任を取って11月29日に引退した。