記事詳細

日馬富士を略式起訴 暴行事件で罰金刑に

 大相撲の元横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身=が貴ノ岩(27)を暴行し、負傷させた事件で、鳥取区検は28日、傷害罪で元横綱を鳥取簡裁に略式起訴した。鳥取地検への取材で分かった。

 略式起訴では正式な裁判を求めず、同簡裁が略式命令を出し罰金刑を言い渡すとみられる。

 鳥取県警が11日に傷害容疑で元横綱を書類送検し、その後、地検が捜査していた。地検は、貴ノ岩の処罰感情や負傷状況、引退した元横綱が受けた社会的制裁などを考慮して判断したもようだ。

 元横綱の弁護人は28日、改めて貴ノ岩へ謝罪するとともに「人生が大きく変わり無念な思いもあるが、全て自分の責任」などとするコメントを出した。 起訴内容や捜査関係者によると、元横綱は秋巡業中の10月26日未明、鳥取市内にあるラウンジの個室で、酒を飲んだ状態で貴ノ岩の顔を平手で多数回、頭部をカラオケのリモコンで数回殴打し、約12日間の裂傷を負わせたとしている。

 元横綱は県警の任意の事情聴取に対し、暴行を認めている。11月29日に現役を引退した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう