記事詳細

箱根駅伝V4狙う青学、3区に田村 下田補欠登録で直前に入れ替えか

 来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に発表され、大会4連覇を狙う青学大は“2枚看板”の一人、田村和希を3区に起用した。もう一人の下田裕太は補欠に回っており、直前に入れ替えるとみられる。

 「7チームぐらいが往路は抜きつ抜かれつになると思う」と語っていた原晋監督。前回の優勝メンバーである森田歩希を2区、小野田勇次を6区に据え、全10区間の総合力で勝利を目指す。

 10月の出雲全日本大学選抜駅伝を制した東海大は関颯人、阪口竜平、鬼塚翔太を1~3区に並べ、日本選手権1500メートル優勝の館沢亨次は補欠に。上位10人の1万メートル平均タイムが全チームトップのスピードを生かし、攻めの姿勢で勝負したい。

 11月の全日本大学駅伝を勝った神奈川大は、宣言通り1区に山藤篤司、2区にエース、鈴木健吾を配し先手必勝の構え。目標の往路優勝のためには、ここで一気に逃げたいところ。

 鈴木は同じ2区に入った順大の塩尻和也、山学大のドミニク・ニャイロとの区間賞争いも注目だ。

 今回は青学大、東海大、神奈川大が「3強」と呼ばれるが、多くの監督が「混戦」を予想しており、見応えのある展開になりそうだ。(産経新聞)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう