記事詳細

C大阪・尹監督「みんなの力でいい成績収められた」

 サッカーの第97回天皇杯全日本選手権は1月1日、さいたま市の埼玉スタジアムに4万2029人を集めて決勝が行われ、C大阪が延長の末に横浜Mに2-1で競り勝ち、前身のヤンマー時代以来となる43大会ぶり4度目の優勝を果たした。

 C大阪は試合開始早々に失点したが、後半に山村和也の得点で追い付き、延長前半に水沼宏太が勝ち越しゴールを奪った。今季はYBCルヴァン・カップも制しており、二つ目のタイトルを手にした。埼玉県での決勝開催は61大会ぶりだった。

C大阪・尹晶煥監「最後まで諦めなかったのが結果につながった。みんなの力でいい成績を収められたシーズンだった」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう