記事詳細

東洋大、6年ぶり4度目の往路優勝 酒井監督「非常にレベルの高い走りをしてくれた」 箱根駅伝

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場107・5キロ)東洋大が5時間28分29秒で4年ぶり6度目の往路優勝を飾った。1区(21・3キロ)で西山和弥(1年)、3区(21・4キロ)で山本修二(3年)が区間賞を獲得するなど、最後まで首位をキープ。5区(20・8キロ)を任された田中龍誠(1年)が、芦ノ湖のフィニッシュテープを切った。青学大は36秒差の2位、1分56秒差で早大が3位。3日に復路(109・6キロ)が行われる。(タイムは速報値)。

 酒井監督は「1年が3人と思い切ったオーダーなんですけども、見事に選手たちが期待に応えてくれました。非常にレベルの高い走りをしてくれたと思います」と選手を称えた。復路について、「(青学大との差が)わずか36秒でも先頭でスタートできる。久しぶりの復路1番手のスタートとなりますので、思い切って行きたい」と意気込んだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう