記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】頭とボールを離せ ビハインド・ザ・ボールで打つことでブレにくい軸 (1/2ページ)

★中里光之介(2)

 飛距離を出すためには、それなりにしっかり振らなければいけないと、僕は思っています。指導者の中には、「少し力を抜いて振ったほうが、飛距離が出る」という人もいますが、それは軽く振ったほうが、軸がブレなかったり、バランスが崩れなかったりするからでしょう。軸がブレず、バランスも崩れなければ、しっかり振ったほうが飛ぶに決まっています。

 力いっぱい振っても軸がブレないようにするためには、まず前回紹介したおなか(おへその下あたり)に力を入れることが大事。それともうひとつは、頭とボールを近づけないこと。いわゆるビハインド・ザ・ボールで打つ(写真〔1〕)ことです。

 頭とボールを近づけないということは、つまり、頭がボールのほうに寄っていかないようにすること。これを実現するために、僕はどちらかというと頭とボールとを離すイメージでダウンスイングをしています。その感覚で打って初めて、イメージ通りのビハインド・ザ・ボールになるような気がするからです。

 もちろん、これはイメージなので、実際に頭がボールと逆方向に動いていくというわけではありませんが、それぐらい頭はボールに近づけないように意識しているということです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう