記事詳細

貴乃花親方、理事解任決定に「分かりました」 評議員会が承認、2月の理事候補選挙に立候補は可能

 元横綱日馬富士の暴行事件で、日本相撲協会は4日午前、東京都墨田区の両国国技館で臨時評議員会を開き、昨年秋巡業中に起きた事件の報告を巡業部長として怠るなどした貴乃花親方(45)=元横綱=の理事解任決議を承認し、2階級降格処分が決定した。元文部科学副大臣の池坊保子議長が正式発表した。理事解任は初めて。

 4日に仕事始めを迎えた協会は昨年12月28日の臨時理事会で、貴乃花親方の理事から役員待遇委員への2階級降格処分を決議した。日本相撲協会評議員会の池坊議長によると、協会から理事解任を伝えられた貴乃花親方は電話で「分かりました」と答えたという。貴乃花親方は、2月に予定されている理事候補選挙への立候補は可能。

 評議員会は、外部有識者4人と親方出身3人の計7人で構成。4人以上の出席で成立し、その過半数の賛成で承認される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう