記事詳細

箱根4連覇の青学大、他大学が逆立ちしてもかなわないワケ 独創性・資金力・選手層… (1/3ページ)

 第94回箱根駅伝は往路2位の青学大が3日の復路で東洋大を逆転し、史上6校目の4年連続総合優勝を果たした。10月の出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝と合わせて“3冠”に輝いた昨季とは違い、今季は出雲で2位、全日本は3位に沈んだ。今大会前は東海大、神奈川大と“3強”による接戦との予想がもっぱらだったが、ふたを開けてみれば2位・東洋大に4分53秒差をつける完勝。原晋監督(50)には絶対的な自信と、勝ち続けられる根拠があった。

 “3強”の下馬評はなんだったのか。出雲を制した東海大が5位、全日本優勝の神奈川大に至っては13位に沈みシード権さえ確保できなかったのを横目に、揺るがぬ強さを発揮した。

 全6区間で1区間の距離が最短5・8-最長10・2キロに過ぎない出雲、8区間で9・5-19・7キロの全日本と、10区間20・8-23・1キロで高低差も激しい箱根とでは、必要とされる体力、選手層も、注目度もケタ違い。結局総合力に大差があったのだ。

 原監督は「勝ったら、どうしても監督の自慢話になってしまう。決して他大学の監督を批判しているわけではない」と前置きした上で、強さの秘密をあっさり明かした。

 「一番(の秘訣)はですね、やっぱり寮で夫婦が学生たちと共同生活しているチームって、青山学院だけなんですよ。派手なことをやっているわけではない。あの狭い部屋で、夫婦そろって学生たちの面倒をみさせていただいている夫婦は、私と家内だけ。そこで生活面を整え、陸上のデータを管理した上で、常に新しいものを求めることがトータルとして青学のカラーになっている」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース