記事詳細

1月下旬入団テストも…松坂に中日グループ内からいぶかる声「“客寄せパンダ”にすらならない」

 中日が、ソフトバンクを退団した松坂大輔投手(37)の入団テストを今月下旬にナゴヤ球場で行うと発表。“怪物”の復活を期待するファンも多いだろうが、中日グループの一部からは「現状の松坂では“客寄せパンダ”にすらならない。逆に、いまいる選手の士気が下がる」といぶかる声が上がっている。

 松坂が入団テストを受けることになった背景には、球団内派閥の微妙なパワーバランスがあるようで、同グループ関係者は「西武で現役時代から松坂の兄貴分で、森繁和監督にとっては西武コーチ時代以来の弟分にあたる友利結編成部国際渉外担当の強い推薦があったと聞いている。ウチはいま“西武色”が強く、彼らの発言力が異常に強い。テストとはいうが、事実上合格も決まっているのではないか」と首をひねるのだ。

 実際、落合博満前GMが権勢を振るっていた時代から、その盟友の森監督が指揮を執る現在に至るまで、中日生え抜きのOBは冷遇される一方、土井打撃コーチ、奈良原内野守備走塁コーチ、森脇内野守備走塁コーチ、小笠原道大2軍監督ら、主にパ・リーグで活躍していた人材が登用される傾向が強い。

 ソフトバンクでの3年間は右肩を手術するなど1軍登板がわずか1試合に終わった松坂。まずはどういう形で“公正”なテストが行われるか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース