記事詳細

大相撲1月場所 貴景勝、阿武咲、嘉風と白鵬めぐる因縁 (1/2ページ)

 角界は大混乱に陥ったまま、1月14日に初場所の初日を迎える。場所後には理事選が控えており、理事長争いに名乗りを挙げるのは、日馬富士の事件を機に激しく対立する八角理事長(元横綱・北勝海)と貴乃花親方だ。さらに、不遜な物言いを繰り返す横綱・白鵬の存在が混乱に拍車を掛ける。

 「初場所の土俵は、彼らの遺恨が激突する“代理戦争”になる。激しい一番ばかりになるだろう」(部屋付き親方の一人)

 とりわけ注目されるのは白鵬の土俵だ。

 「立ち合いで『張り手』と『カチ上げ』を多用する取り口に、横綱審議委員会から“到底、横綱相撲とは言えない”とクレームがついた。先の九州場所でも、14勝したうち12番が張り手かカチ上げ。“最大の武器”が封じられれば、簡単には勝てない」(協会関係者)

 そこに土俵外の遺恨も持ち込まれる。そんな「因縁の取組」を3番挙げる。

 【白鵬vs貴景勝】(2勝0敗=前者から見た対戦成績、以下同)

 貴乃花部屋の部屋頭である21歳の新鋭・貴景勝。兄弟子・貴ノ岩が殴られるのを制止しなかった白鵬とは、初日の対戦が濃厚だ。

 「12月の冬巡業前に、白鵬は『(巡業部長の)貴乃花親方が一緒なら参加したくない』と言い放って、徹底的にコケにした。愛弟子の貴景勝は相当の気合いで倒しにいくはず。昨年7月場所の初顔合わせでは白鵬が張り手を繰り返した上で、“かかってこいよ”とばかりに仁王立ち。そこから、貴景勝が簡単に寄り切られた。ただ、頭から突っ込んで下から押し上げる貴景勝のパワーには磨きが掛かっている。白鵬が張り手なしで凌げるか」(同前)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース