記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】フォロースルーが小さくなってしまう… クラブヘッドを反対方向から遠回りさせる (1/2ページ)

 【今週の質問】フォロースルーが小さくなってしまいます。プロのように大きなフォローで最後まで振り抜きたいのですが、中途半端なフィニッシュになっているのが自分でもわかるのです。

 フォローだけを大きくしようと思っても、なかなかうまくフィニッシュまでいけない。フォローではなく、その前に原因があるからだ。

 フォローが出ていかないのは、反対側が小さいから。つまり、ダウンスイングの弧が小さいから、フォローの弧も小さくなってしまうのだ。ゴルフスイングは円軌道である。

 ボールを強く叩こうとすると、腕を体に引き寄せて、体を力ませてしまうもの。力めば力むほど右肘は体に近づいてくるので、ダウンスイングの弧は小さくなってしまう(写真〔1〕)。

 逆にゆっくりでいいから、右肘を絞らないようにしてグリップを体から離し、ダラーンと大きく下ろした方がいい当たりをする。物足りない感じがするかもしれないが、この方が飛ぶことを経験上わかっている人もいるだろう(同〔2〕〔3〕)。

 円弧が大きくなり、クラブヘッドが水平に走っているときにインパクトを迎えやすくなるので、エネルギー効率がいい。飛ぶし、方向もよくなってくる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう