記事詳細

巨人・坂本勇、機敏な動き披露 後輩引き連れ自覚十分

 巨人・坂本勇人内野手が14日、沖縄県内で練習を公開し、機敏な動きを披露した。ノックを軽快にこなすと、ロングティーでは鋭いスイングで打球を飛ばした。今年で30歳を迎えるため、体を衰えさせないよう練習量を増やしたそうで「かなりバットも振れ出したし、脚も動いている」と充実の表情を浮かべた。

 例年は海外を拠点に先輩の下で練習を積んでいたが、プロ12年目で初めて吉川尚ら後輩を引き連れて自主トレーニングを行っている。2016年はOBの松井秀喜氏の助言を基に首位打者を獲得した。昨季はシーズン終盤に絶不調に陥っただけに、同氏が2年ぶりにキャンプに来ることが決まり「聞きたいことがあれば聞きにいきたい」と意気込んだ。

 昨季11年ぶりに4位に沈んだチームには、自身の新人時代に比べて「ぴりっとした感じが少なくなった」と言う。主将として「全員が厳しさを出していかないと。引っ張っていきたい」と自覚を示した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう