記事詳細

森保J、3連勝で1次リーグ首位通過 U-23アジア選手権

 サッカーのU-23(23歳以下)アジア選手権第8日は16日、中国の江蘇省江陰などで1次リーグ最終戦が行われ、既に8強入りを決めていた日本は北朝鮮を3-1で破り、3連勝の勝ち点9でB組1位となった。19日の準々決勝でA組2位のウズベキスタンと対戦する。

 2020年東京五輪世代となる21歳以下の編成で臨む日本は、前半に三好(札幌)のゴールなどで2点を先行。後半に1点を返されたが、追加点を奪って突き放した。

 B組のもう1試合はパレスチナがタイに5-1で大勝し、勝ち点4で2位となり8強入りした。 (共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう