記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】「手を使わない」とはどういうこと? 体の動きに合わせて適度な開閉で打て (1/2ページ)

 【今週の質問】手をつかうな、というレッスンを耳にすることがあります。これはどういうことでしょうか。手を使わないと飛ばない気がするのですが。

 その通り。手を使わないと飛ばせない。このアドバイスは、正しくもあり、誤解を招きやすくもある。

 手を使わないで打つというのは、体の回転に対して、手や腕の動きが強調されたスイングをしている人に有効なアドバイスである。

 クラブフェースの開閉が大きすぎたり、急激な動きになっていたりすると、インパクトが不安定で方向性も悪い。体を止めて腕力で振り下ろす人、壁をつくるようなイメージでクラブヘッドを振り出したりするタイプも同じで、フェースの開閉が安定しない。

 要するに体の回転が不足しているということでもあるので、「手で打たず、体を使って打て」などということもある。腕をねじったり、右手で叩いたりする手打ちになっているのだから、腕を使わないようにすれば直るということなのだ。

 ただ、テークバックでクラブフェースは開くようにして上がっていき、ダウンスイングでは閉じるように動くものだ。これがないと飛ばないし、結局まっすぐも飛ばない。体の動きと同調させて、適度な開閉で打つのがポイントだ。

 手の動きが強い人は、常にグリップエンドがヘソを指すようなイメージで体の回転に合わせて振っていくようにすると方向性が安定する。グリップを持っているだけのようなイメージで、緩やかな開閉でインパクトからフォローに抜けていくので、手を使っていない感じになる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう