記事詳細

相撲協会4人組が指示した隠ぺい事件 貴乃花親方不信の決定的理由、八角理事長「内々で済む話だろう」 (1/3ページ)

 日本相撲協会をめぐる一連の騒動は終わりそうにない。貴乃花親方(45)=元横綱=が協会に提出した「独自報告書」に、親方が八角理事長(54)=元横綱北勝海=率いる協会執行部に不信感を抱く決定的理由が記されていた。八角理事長らが貴乃花親方に「内々で済む話だろう」と迫り、元横綱日馬富士(33)に暴行を受けた十両貴ノ岩(27)の被害届を取り下げるよう要求していたというのだ。事実とすれば、協会が暴行事件を「隠蔽」しようとした疑いも浮上する。「貴文書」の全容をつかんだ夕刊フジだけが書ける独走スクープ第2弾。 

 《執拗に「内々で済む話だろう」と言い、被害届の取り下げを要請してきた。しかし、警察に任せた以上は応じなかった》

 貴乃花親方直筆の署名も記された独自報告書には、このような趣旨の記載がされていた。

 「内々で済む」という要請は昨年11月14日ごろから、貴乃花親方に持ちかけられていた。その話をした人物として文書は「4人組」を名指ししている。八角理事長、元大関琴風の尾車理事(60)、元関脇多賀竜の鏡山理事(59)、元関脇栃乃和歌の春日野理事(55)だ。このことが事実であれば、八角理事長率いる協会執行部が事件の「隠蔽」を図ろうとしたと受け取られてもおかしくはない。

 そうなることを避けるためなのか、文書に記された通り、事件の捜査を警察に委ねることで貴乃花親方の姿勢は一貫してきた。

 昨年10月26日に暴行事件が起きた後、貴ノ岩は同月29日に鳥取県警に被害届を出した。独自報告書によれば、鳥取県警に相談した際に協会への報告をどうするか問われ、貴乃花親方は警察から報告するよう要望した。鳥取県警がその後、協会に連絡したのは11月1日だった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース