記事詳細

【俺とデスクの座談会】“まさか”あの選手が記者投票で大幅減 松井氏、金本氏、原氏が殿堂入りの陰で…

 記者「15日の野球殿堂入り発表には、驚きました」

 デスク「プレーヤー表彰で松井秀喜氏と阪神・金本知憲監督。エキスパート表彰で元巨人監督の原辰徳氏。順当じゃないのか」

 記者「問題は記者投票の結果なんです。プレーヤー表彰の当選には有効投票数の75%、276票が必要ですが、桑田真澄さん(元巨人など)が2017年の114票から78票に、大幅に減ってしまいました」

 デスク「なにぃ!? 実は俺は投票したんだけど」

 記者「僕もです。去年、巨人・斎藤雅樹投手コーチの殿堂入りパーティーに出席した桑田さんに『来年は桑田さんの番ですね』と言ったほどですから」

 デスク「投票した記者が去年より36人も少なかったのか…。そんなに減るのは珍しいけど、通算173勝、14セーブでは足りないか」

 記者「名球会ではないんだから、数字だけではないと思うんですよ。高校通算20勝、打者としてプロ通算192安打など、プラスアルファもあります」

 デスク「先日、テレビ朝日で放送された『プロ野球総選挙』で投手部門10位だったのは、いくらなんでも過大評価だと思ったけど…資格はまだ10年あるから、殿堂入りはしてほしいな」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう