記事詳細

貴親方、ついに“沈黙”破る HPで「メッセージ」発表

 長く沈黙を貫いてきた貴乃花親方が、ついに口を開いた。昨年10月の暴行事件の被害者で、休場を続けてきた十両貴ノ岩(27)について、三月場所での復帰を目指す考えを明らかにしたのだ。17日に部屋のホームページの「貴乃花親方からのメッセージ」を更新し、発表した。

 貴乃花親方は、貴ノ岩の休場理由について、医師から「受傷後約3カ月程度は、頭部打撲を避ける必要があり、平成30年(2018年)1月の就業は困難とのことですので、休場を決断いたしました」と説明した。

 貴ノ岩の現状は「ようやく体を動かすことができるようになり、地道なリハビリを続けております」といい、心身の回復状態を見ながら、「当面の目標を三月場所での土俵への復帰と定めております」と記した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう