記事詳細

ペレ氏が疲労で倒れ入院 ロンドン訪問は取りやめ

 サッカーの元ブラジル代表で「王様」と呼ばれたペレ氏(77)が疲労で倒れて入院し、計画していたロンドン訪問を取りやめたと19日、同氏との夕食会を予定していたイングランド・サッカー記者協会が発表した。

 ワールドカップ(W杯)で史上唯一の優勝3度を経験したペレ氏は近年、腎臓や前立腺の手術を受けている。昨年12月にはモスクワで行われたW杯ロシア大会の組み合わせ抽選会に車いすに乗って参加した。(ロイター=共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう