記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】どうしてもダフるアイアン1打目…スクエア止めて変えてみよう (1/2ページ)

 【今週の質問】どうしてもダフってしまいます。練習場ではまずまずなのですが、コースに行くとアイアンの一打目はまず間違いなくダフってチョロになります。

 ダフりやすい人は結構真面目な人が多い。

 スクエアなスタンスで、スクエアにフェースを合わせてストレートボールで目標を狙おうとする。几帳面な人といったらいいのだろうか。ていねいに時間をかけてアドレスするのだが、無残にもザックリのチョロになってがっくり。おもわず、こちらが目を覆いたくなるほどだ。

 私はスクエアフェースのアドレスが一番ダフりやすいのではないかと思っている。どっちつかずなので、いろんなミスが出やすいのではないかと思うからだ。

 たとえば、オープンフェースで構えるという方法がある(写真〔1〕)。フェースを右に向けるように構えるということである。

 オープンフェースはダフりを軽減するためにオーソドックスな方法だ。もちろん打ち出しが右に出やすいということはあるだろうが、フェースを開くとソールが滑りやすくなる。バンスが効いて、リーディングエッジが浮くので、たとえ少し手前から入ったとしても滑ってボールに当たるので、ザックリにはなりにくい。

 このオープンフェースの特性は、バンカーショットやアプローチショットに応用されており、ボールを上げたり、止めたりするショットを打とうとするときに便利だ。フルショットをするときにはあまりフェースを開くことがない人も、アプローチでは比較的使っているのではないか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう