記事詳細

鶴竜、10戦全勝で首位堅持  八角理事長「自分の流れで取れている」

 大相撲初場所10日目(23日・両国国技館)横綱鶴竜は平幕隠岐の海を送り出し、10戦全勝で単独首位を堅持した。栃ノ心は琴奨菊を寄り切り、ただ一人の1敗をキープ。

 大関陣は高安が関脇玉鷲を押し出して7勝目を挙げた。豪栄道は正代に寄り切られて4敗目を喫した。関脇御嶽海は荒鷲のとったりに逆転負けし、7連勝から3連敗。小結阿武咲が右膝を痛めて休場した。

 全勝の鶴竜を栃ノ心が1敗で追い、2敗で平幕大栄翔が続く展開。十両は琴恵光が2敗で単独首位に立った。

八角理事長(元横綱北勝海)「鶴竜はだいぶ落ち着いてきた。このぐらいから優勝を意識するでしょう。自分の流れで取れている。危なげない。栃ノ心は目立っている。自分の形になって内容がいいし、勝ち方を知っている」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう