記事詳細

危険な賭け…“中日ライオンズ”松坂に「引退の花道」の義侠心 強すぎる西武色、チーム崩壊なら一触即発も (1/2ページ)

 昨季限りでソフトバンクを戦力外となった松坂大輔投手(37)が、昨季年俸4億円の96%ダウンにあたる1500万円(推定)で中日と1年契約した。甲子園を沸かせ、西武、米大リーグ・レッドソックスで活躍したが、ソフトバンクでは昨年までの3年間に1軍登板わずか1試合、0勝に終わった右腕の獲得に疑問の声もある。チームは低迷中だけに、新たな火だねになりかねない危険な賭けだが、西武時代の先輩、森繁和監督(63)による“男気”の獲得となった。(山戸英州)

 入団テストは23日、ナゴヤ球場の室内練習場で行われた。変化球を交えた立ち投げなど計34球を投げると約20分間で合格。2月の春季キャンプの1軍(北谷)スタートも決まった。背番号は代名詞の『18』ではなく『99』。

 眼光鋭く、スーツ姿で見守った森監督は合格の理由を次のように語った。

 「10勝、20勝しろ、とは言わない。一緒にやったことのある選手を最後に気持ちよく(プレーしてもらって送る)、ということがあってもいいのではないか。ここでやめるとかはわからないが、ただ、その道は私がつくってもいいのかなと感じたのは間違いない」

 名古屋に縁もゆかりもない松坂の中日入りには、西武出身の森監督、西武投手時代から松坂の兄貴分として特に親しい間柄だった球団編成部国際渉外担当の友利結氏(50)の2人が大きな役割を果たした。義侠心に厚い西武の先輩が、“怪物”の現役最後の花道を用意したのだ。松坂も「2人がいるチームでお世話になることには縁を感じますね」と感慨深げだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース