記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】礼儀作法はきちんと!オリックス・西村ヘッドコーチが新人アナに愛ある“指導” (1/2ページ)

 23日にニッポン放送スポーツアナウンサー陣で、元ロッテ監督でありオリックスの西村徳文ヘッドコーチ(58)を囲み、毎年恒例の新年会を行いました。

 西村コーチとはロッテ選手時代からもう30年のおつきあい。穏やかなお人柄で、宴席ではいつもウイットのあるユーモアで笑わせてくれます。この日も「球界ではトリプルサーティーじゃなくてスリーって言うでしょ? だったら俺も資格ないのかな。1990年は打率・338、35盗塁、3ホーマー(!)だったんだけど」

 いやはやごもっともです…(笑)

 一方で礼儀作法についてはきちんとしているのが西村コーチ。「なんだ、デニムをはいてきたのか…」。グラウンドでそう指摘を受けたのは2010年。当時監督を務めていらしたロッテがパ・リーグで下克上優勝したあと、お祝いの挨拶をしに行ったときのこと。やっぱり身だしなみで気を抜いちゃダメだなと反省したものでした。

 この日は、ニッポン放送の新人アナウンサーとして今年の飛躍を期待されている大泉健斗アナウンサー(23)に対しても、愛ある指摘をしてくださいました。

 西村「大泉君、宮崎キャンプは来るの?」

 大泉「はい、広島と西武とオリックスの取材に行きます」

 西村「そういうときの順番はオリックスを最初に言うんだよ(笑)」

 おっしゃる通りです!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース