記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】右手は義手、小山田プロの言葉に感動「何事も目標を立てて進むこと。目標がなければダメ」 (2/2ページ)

 学生には、障害や病気があっても「何事もチャレンジすることで乗り越えられる。諦めたら人生が終わってしまう」と伝え続けている。企業の新人研修では「自分で持っているものを工夫すればできるようになる」と指導している。

 公務員時代は脳腫瘍を、プロ転向後は心筋梗塞を患いながらも再起したという小山田さん。その波瀾万丈な人生に、『俺は諦め続けてきた人生だった』と思い知らされた。

 ゴルフ人口を減らしたくない、増やして行きたい。新たにゴルフを始めたいという人にも教えていきたい。ゴルフにも明確な目標を掲げている熱い人だった。

 「大小に関係なく、何事も目標を立てて進むことです。目標がなければダメだし、目標達成には支えが必要です。諦めたくなる状況に遭遇しても違う方法が必ずあるんです」という小山田さんの言葉が印象的だった。

 今年は、こんな俺でもゴルフ界に何かしら貢献するように頑張るぞ!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう