記事詳細

【2・9平昌五輪開幕 日本代表マル秘ストーリー】小平奈緒の選手生命を救った信州の有名病院 頭を悩ませた理事長が出した答え (1/3ページ)

★(1)

 自身3度目の五輪となる平昌で日本選手団主将を務め、女子スピードスケートの500メートルと1000メートルで金メダル候補に挙がる小平奈緒(31)に、衝撃が走った。信州大時代の同級生でソチ五輪でともに戦った住吉都さん(享年30)が、20日に長野市内の自室で死去していたことが判明したのだ。自身は大学卒業時、内定していた企業への入社が白紙となり、選手生命の危機に陥ったことがある。それを救ったのが、現在の所属先の相澤病院(長野県松本市)だ。(飯田絵美)

 相澤病院は小説『神様のカルテ』(夏川草介著)のモデルとなり、櫻井翔や宮崎あおいが出演して映画化され話題を呼んだ名物医院だ。

 2009年の初め、同病院の相澤孝夫理事長(70)は、知り合いから相談を受けて頭を悩ませていた。

 「アスリートが、他の会社に就職が決まっていたんだけど、事情があって行けなくなってしまったそうなんだ」

 そのアスリートこそ、小平だった。当時の日本経済は低迷し、学生は就職難。信州大教育学部の学生だった小平も、内定を得ていた企業への入社が白紙になった。

 当時同病院の事務局長で、現在は社会医療法人財団・慈泉会の特命顧問を務める塚本建三さん(77)が「アスリートの採用なんて、これまで考えたこともなかった。病院で採用しなきゃいけない理由もない」とやんわりと返すと、相澤理事長はこう反論した。

 「だけど、(相談者から)『困った』といわれた。どうするんだい」

 その瞬間、塚本さんは、相澤理事長の意図を読み取った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース