記事詳細

急加速する「貴理事長」待望論 春日野部屋が暴行事件隠蔽、現執行部に疑問持つ親方続出も必至 (1/2ページ)

 大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が2014年に弟弟子の矢作嵐(やはぎ・あらし)さん(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けていたことが判明した。師匠の春日野親方(55)=元関脇栃乃和歌=は日本相撲協会理事で、八角理事長(54)=元横綱北勝海=を支える協会執行部No.3の実力者だが、事件を公表しておらず、図らずも協会の“隠蔽”体質を露呈した。角界の不祥事は止まらず、八角体制への批判は高まるばかりで、退陣を求める声が強い。理事選(2月2日)、理事長選(3月)を控え、改革派の貴乃花親方(45)=元横綱=の理事長就任待望論が高まっている。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 公表されなかった暴行事件について、相撲協会は「春日野より報告されており、理事および親方としての対応に問題はなかった」(広報部)と追認したのだから、あきれるばかりだ。隠蔽体質を認めたようなもの。そもそも、このコメントの発信元が春日野親方が部長を務める広報部なのだから、何をかいわんやである。

 春日野親方は被害者への謝罪の有無について、「何か言ったらまた書くでしょう。何も言えない」とダンマリ。事件を公表しなかった理由を「(加害者の兄弟子が)もう辞めてますから」と開き直るような対応をみせた。

 春日野親方は前回の理事選(16年1月)で当選。同年3月には広報部長に就任。元横綱日馬富士の暴行事件では報道対応の窓口になり、貴乃花親方の解任を受けて、現在は巡業部長も兼任している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース