記事詳細

栃ノ心、1敗守り初優勝目前「明日のことは明日」

 大相撲初場所13日目(26日、両国国技館、観衆=1万816)栃ノ心が逸ノ城に勝利し、1敗を死守した。

 栃ノ心が初優勝に大きく近づいた。巨体の逸ノ城と互いに得意とする右四つにがっぷり組むと、相手の上手が切れた瞬間に圧力を強め、渾身(こんしん)の寄りで勝負を決めた。1敗を守り「自分の相撲が取れた。うれしい」と興奮気味に語った。

 取組が終わって国技館から近い春日野部屋まで歩いて帰る道中、結びで鶴竜が敗れたのを知った。14日目の松鳳山戦に勝てば、平成24年夏場所の旭天鵬以来となる平幕優勝が決まる。「きょうから考えると疲れるよ。明日のことは明日」と穏やかに笑った。(産経新聞)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう