記事詳細

阪神・金本監督の頭脳に他球団首脳陣も驚嘆「目の付け所が違う」 『リクエスト』制度に鋭い指摘

 鋭い指摘に、居並ぶ球界の諸先輩方、他球団関係者も思わずうなったという。

 25日に都内で12球団監督会議に出席した阪神・金本知憲監督(49)。今季から判定に異議がある際に監督が映像による検証を要求できる『リクエスト』制度についての説明が行われ、質疑応答で、その「頭脳」が発揮された。

 金本監督が質問したのは、走者を一、二塁に置いた状況での併殺プレーのアウト、セーフをめぐる判定について。『リクエスト』の権利を行使できるのは9回までに2度、延長戦で1度で、判定が覆えらなかった場合に行使回数が減る。

 併殺の場合、権利行使の回数がワンプレーとして「1回」になるか、「2回」とカウントされるのかと質問したという。回答は「2回」で、「エッと思った」と驚きを隠せなかった。

 これには身内である球団の谷本球団副社長も「目からうろこ。気づかなかったですし、さすが監督だと思った」と絶賛したが、他球団の首脳陣からも「勉強してるね。目の付け所が違う」と称賛の声が相次いだ。

 「金本はホント、野球にも会議にもまじめに取り組んでいるよ。会議では年長者の梨田さん(楽天監督)や森さん(中日監督)に気を使っていたけど、あの鋭い指摘にはビックリ。まあ、昔から賢かったからそこは変わってないね」

 ルール自体は「結局はやってみないと分からない部分が多いと感じた」と手探り感が否めないが、その中でも存在感は存分に発揮した形だ。

 金本監督はリクエストの活用法について「むやみやたらに使うつもりはないけど、(判定する)映像が球場にも流れるみたい」。2月の1、2軍両方の春季キャンプでは審判団が現地に足を運び、選手と質疑に応じるが、まずは二遊間、一塁が「併殺でしっかりベースを踏むことだよ」と基本を徹底するよう、ナインに求める構えだ。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース