記事詳細

宇野、失敗なんのその 後半4回転成功「切り替えることができてよかった」

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケート四大陸選手権は27日、台北で最終日が行われ、平昌五輪代表で男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー2位の197・45点にとどまり、合計297・94点で2位に終わった。SP2位の金博洋(中国)が300・95点で逆転優勝した。

 力強く拳を握った右手を高々と掲げてのフィニッシュ。直後、リンクに両膝から崩れた宇野の表情は納得していた。

 フリー曲「トゥーランドット」。これまでの青ではなく、今回は黄色の新衣装で滑った。樋口美穂子コーチから「どんな状況でも攻めよう」と送り出された演技は、なかなか実戦で決まらずに苦しめられた後半2本の4回転トーループを成功。課題を克服した。

 最初は2回転とのコンビネーション、2本目の単発も共に完璧。公式練習でも入念に調整してきただけに「うれしい」と振り返り、樋口コーチも「自信になったはず」とたたえた。

 順位は2位で、SP首位から逆転を許した。響いたのは前半2種類の4回転。冒頭のループで回転不足、続くフリップでは転倒した。国際主要大会での初タイトルを逃す要因にもなったが、「失敗しても『忘れよう』と思って滑った。切り替えることができてよかった」と前向きだった。

 五輪前に注目度は高まっている。前日の公式練習後は撮影を求める現地の女性ファン約20人の輪ができ、サインも求められた。次戦はいよいよ平昌五輪。「きょうの演技がベストではない」とさらなる上積みを狙う。(産経新聞、田中充)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう