記事詳細

清宮、開幕1軍へ意欲 日ハムが米国へ出発

 日本ハムは28日、春季キャンプを行う米アリゾナ州スコッツデールに向け、チャーター機で成田空港から出発した。チームは3年連続での海外キャンプ。2月1日から14日まで調整したあと、2次キャンプ地の沖縄県へ移動する。

 ドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手(東京・早実高)は出発前に千葉県鎌ケ谷市の球団施設でトス打撃などに励んだ。空港では「やるからには開幕は1軍に入れるようにしっかり準備したい」と意気込み、新人合同自主トレーニング中に痛めた右手親指には「問題ない」と話した。

 リーグ5位からの巻き返しを期す栗山英樹監督は「やるしかない。勝てるために何をするか。それだけ」との言葉に決意をにじませた。

 搭乗機に不具合が出て別の機材に変更したため、予定より2時間以上遅れて深夜に離陸した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう