記事詳細

阪神・ロサリオ「1位に導けるように自分の仕事を全うしたい」

 阪神の新主砲として期待されるウィリン・ロサリオ内野手が28日、兵庫県西宮市の球団事務所で入団記者会見を行った。米大リーグ通算447試合で71本塁打の実績を持つ28歳の右打者は正一塁手の候補で「家族の一員になれた気持ち。1位に導けるように自分の仕事を全うしたい」と抱負を語った。

 ドミニカ共和国出身で2011年にメジャーデビュー。16年からプレーした韓国プロ野球のハンファで昨季は119試合で打率3割3分9厘、37本塁打と活躍した。日本の他球団投手の映像は確認済みといい「とても制球がいい。キャンプから一打席一打席しっかり考えながらやるのが大事」と話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう