記事詳細

野球殿堂入りの選考基準は「曖昧というか、存在しない」

 1959年に創設された野球殿堂は、球界の発展に大きく貢献した選手や指導者を顕彰するためのものだ。殿堂入りには競技者表彰(プレイヤー部門、エキスパート部門)と特別表彰がある。プレイヤー部門は、15年以上のプロ野球取材経験のある記者(現在は376人)が投票し、有効投票の75%で殿堂入りが決まる。

 今年はプレイヤー部門で松井秀喜氏、金本知憲氏、エキスパート部門で原辰徳氏が受賞。記者投票で決まるため、担当記者の人数が多い巨人や阪神と他球団では基礎票が違う。松井・原氏は巨人出身で金本氏は阪神出身だ。そんな“票田事情”に泣かされてきたのが、阪急の大エースだった米田哲也氏(79)だ。

 通算勝利数歴代2位の350勝を誇ったが、米田氏の殿堂入りは還暦を過ぎた2000年だった。

 「僕は地方球団、それも人気のなかった時代のパ・リーグにいましたから、不利だったんでしょう。日本シリーズで巨人を倒すと、記者から恨まれた時代だったしね。本当は、弱小球団で200勝したり、2000本打つほうが大変なんだけど、そういう選手が殿堂入りしていなかったりする。そもそも選ぶ基準がはっきりしていない」

 現在、プレイヤー部門について示されているのは、「ノミネートされるのは現役引退から5年以上の元プロ選手」という条件のみ。今年の選考で実際に投票したスポーツ紙のベテラン記者はこう語る。

 「毎年11月になると、NPBから投票用紙と候補者リストが送られてきます。そこには、『単に本塁打や勝利数だけで選ばないでください。野球界に貢献しているかを考慮してほしい』という趣旨の但し書きがあるくらいで、選ぶ基準は曖昧というか、存在しない」

 また、1人の記者(選考人)が最大7人まで名前を書ける制度が、“大人の事情”が入り込む余地を生む。

 「候補リストに載るのは15年間と期限が区切られているので、“今年ダメだと殿堂入りを逃す”という人は、名前を書きたくなる。あと、キャンプイン前の1月はネタもなく、『該当者なし』は避けたい。NPB側もそんな記者心理を分かってか、候補者リストを『前年の得票数が多かった順』にしている。そうすると、なんとなく4人目あたり以降はリストの上のほうから選んでしまう(苦笑)。先輩記者も『多くの名前を書け』とプレッシャーをかけてきますしね」(同前)

 ※週刊ポスト2018年2月2日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース