記事詳細

傷害事件開き直り…酷すぎる春日野部屋“隠蔽体質” 被害者証言で発覚、病院への紹介状没収 (1/3ページ)

 大相撲初場所(東京・両国国技館)は春日野部屋所属のジョージア人力士、西前頭3枚目栃ノ心(30)の初優勝で幕を閉じたが、同部屋で起きた傷害事件をめぐり、春日野親方=元関脇栃乃和歌=(55)らが部屋ぐるみで隠蔽工作を行っていた疑惑が浮上している。春日野親方は事件を日本相撲協会に報告済みとして開き直り、2月2日投票の理事選に最大勢力の出羽海一門から立候補し、当選する見通しだが、林芳正文部科学大臣(57)は徹底調査させることを明言。この親方を理事として認めていいものだろうか。

 2014年9月、都内の春日野部屋で入門7カ月の矢作嵐さん(22、当時19)が暴行され大ケガを負った事件は、加害者の元兄弟子(24)が傷害罪で起訴され、16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定。昨年3月22日には、矢作さんが春日野親方と元兄弟子に3000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴している。

 春日野親方は、事件発生直後に相撲協会へ報告済みとして“隠蔽”を否定したが、有罪判決確定後も公表しなかった理由について「(被害者も加害者も現役を)もう辞めてますから」と発言している。

 しかし裁判記録によると、矢作さんは春日野部屋のさらに根深い“隠蔽体質”を証言している。

関連ニュース