記事詳細

林文科相、春日野部屋暴行問題で明言「過去も含め徹底調査を」

 日本相撲協会の監督官庁である文部科学省の林文科相は、千秋楽(28日)の表彰式に安倍晋三首相の代理として来場し、優勝した栃ノ心に総理大臣杯を贈呈した。

 表彰式前に、八角理事長から一連の不祥事に対する謝罪と、2月1日の理事会で再発防止検討委員会を立ち上げるとの報告を受け、「改革、再発防止策をスピード感を持ってやっていただきたい」と要望した。

 春日野親方は「(被害者も加害者も現役を)辞めてますから」とうそぶいているが、林文科相は夕刊フジの取材に「いま現役でなくても、過去のことを含めて、できる限り調査をしていただきたい」と明言。徹底的に調査させることを強調した。

 相撲協会に公益財団法人の適性があるか、との質問が飛ぶと、「公益法人としての適格はわれわれではなく内閣府が判断する」と明言を避けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース