記事詳細

巨人・ゲレーロ、村田の退団知らなかった… 入団会見でポロリ「これから仲間になるムラタ」 (1/2ページ)

 巨人に新加入した4番候補、アレックス・ゲレーロ外野手(31)。来日1年目の昨季は中日で35本塁打を放ったが、シーズン終了後に村田修一内野手(37)が巨人を退団した事実を知らずにいたようだ。

 ゲレーロは28日、同じく新加入のテイラー・ヤングマン投手(28)=前米大リーグ・ブルワーズ=とともに都内で入団会見。昨季ライバルチームから見た巨人の選手の印象を問われ、「巨人は選手がそろっている」として名前を列挙した。

 「サカモト、アベ、ムラタ、ヨウ、スガノ。これから仲間になるので、気持ちが高ぶっている」

 会見場の報道陣は、思わず互いの顔を見合わせた。ゲレーロが本塁打王のタイトルを手土産に離日したのが昨年10月7日。村田が電撃的な戦力外通告を受けたのは、その6日後の同13日だった。ゲレーロが日本語配信のニュースに疎いのは仕方ないとしても、印象的な選手の3番目で名前を出すほどの村田の去就が、耳に入っていなかったとすれば驚きだ。

 村田の退団はゲレーロの起用法に影響を及ぼす可能性もある。昨季ゲレーロは開幕からしばらく三塁に入っていたが、途中から左翼へ転向。新天地でも鹿取GMは「基本的には左翼を考えている」と話す一方、「今年のラインアップが決まるまで適性を見る」と余地を残した。村田の牙城だった三塁が空いたことで、ゲレーロを後釜に据える布陣も考えられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース