記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】足をどう使ったらいいい? 人によって異なる「コンパクト」の加減、両膝の間で体重移動させる気持ちで (1/2ページ)

 【今週の質問】足の使い方に悩んでいます。手打ちになってしまう傾向にあるので、足を使うことを意識しているのですが、どのくらい、どのように使ったらいいかわかりません。

 下半身は本来、積極的に使うべきものではないと私は思っている。手を振るから、その動きにつられて下半身は動く。手が効率的に動くように使うべきものであると思う。

 よく、「下半身を先行させて打て」といわれるが、これは誤解を生みやすいアドバイスだ。腕力だけで打っても飛ばないのは事実だが、下ばかりが先行しても、決して手が振れるということではない。たいていは振り遅れることになる。

 傾斜の強い場所からは、下半身を止めて腕だけを振るようなイメージで打つ人が多いと思う。ある程度経験のある人なら、それでも十分いい球が打てることを知っている。そう考えれば、下半身を使うイメージは必ずしも必要ないということになる。

 ただ、傾斜からうまく打つ人が、まったく下半身を使っていないかというと、そんなことはない。左足をヒールアップさせるような極端な動きはなくても、うまくバランスをとりながら小さな動きで体を回転させている。

 つまり、傾斜からうまく打てる人は、動きは小さいけれども、下半身をうまく使える人ということになる。一見、下半身を使っていないようにみえるかもしれないが、むしろ、コンパクトに足を使える上級者なのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう