記事詳細

日本ハム・清宮が打撃練習を回避「大事を取って」

 まだ故障の影響があるようだ。

 米アリゾナで行われている合同自主トレに参加している日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18)=早実=が30日(日本時間31日)、全ての打撃練習を回避した。右手親指の打撲のため、本格的な打撃練習を見合わせているが、この日はバットを握らなかった。

 前日まで行っていたティー打撃などを取りやめ、「大事を取って。あまり無理したくない」と清宮。栗山監督やトレーナーと相談して決めた。

 一方、守備練習では軽快な動き。ノックや投内連係のメニューに参加。三塁手守備を想定したグラブで、中田、中島らレギュラーメンバーに混じって汗を流した。自慢の打棒で、アリゾナの空に白球を打ち上げるのはもう少し先になりそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう