記事詳細

巨人、バチ当たらなければいいが…キャンプイン前日の恒例、58年続けた宮崎神宮参拝取りやめの波紋 神社側「正直、よく分からない」 (1/3ページ)

 プロ野球は2月1日に12球団が一斉にキャンプイン。昨季11年ぶりのBクラスに沈んだ巨人は、高橋由伸監督(42)が3年契約最終年の正念場を迎え、4年ぶりのセ・リーグ覇権奪回を目指す。宮崎キャンプ60年目を迎えた今春は、その草創期から58年間続けてきたキャンプイン前日の恒例行事、1月31日の宮崎神宮への必勝祈願を取りやめるという大異変が発生。これも伝統球団が停滞を脱し、新しく生まれ変わるための改革の一環ということなのか。(笹森倫)

 「こちらに何か、落ち度があったとは思わないんですが…。正直、よく分からないとしか言いようがありません」

 そう声を沈ませるのは宮崎神宮の関係者だ。昨年末に巨人側から、今春は「選手の意向で参拝に行かない」との連絡があり、年明けに出向いた球団幹部から改めて説明を受けたという。

 新選手会長に就任した菅野智之投手(28)がナインの意向を代表して球団側に伝え、チーム全体での見送りに至ったとみられるが、球団側は「球団スケジュールの都合」とのみ説明した。

 高橋監督も就任以来、昨年まで2年連続で1月31日に1軍首脳陣と同便で東京から宮崎入り。その足で宮崎神宮に向かい、先乗りで合同自主トレを行ってきた1軍帯同の選手たちと合流してから、全員がスーツ姿で必勝祈願の玉串を奉納してきた。だが今年はキャンプインを前に、チーム一同がスーツを着て気持ちを引き締めるような機会はない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース