記事詳細

長友佑都、インテル・ミラノからガラタサライに移籍 両クラブ発表、出番求め

 サッカーの日本代表DF長友佑都(ながとも・ゆうと)(31)がイタリア1部リーグ(セリエA)のインテル・ミラノからトルコ1部のガラタサライに移籍することが1月31日、両クラブから発表された。今年6月末までの期限付き。長友はツイッターに「2011年1月31日にインテルからオファーがあり、電撃移籍したのを思い出す。感謝の想いで胸がいっぱいです」と記した。

 10年夏にJ1のFC東京からチェゼーナ(イタリア)に移籍した長友は、11年から強豪インテル・ミラノでプレーしたが近年は出番が減少。今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け出場機会を求めた。

 イスタンブールを本拠とするガラタサライは00年に欧州リーグの前身の欧州連盟(UEFA)カップを制した強豪。06~07年に元日本代表MF稲本潤一(いなもと・じゅんいち)(札幌)が在籍した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう