記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイング、あれこれ悩むより… 「左肩主導で回転」意識、手打ち回避へ (1/2ページ)

★勝みなみ(1)

 私がスイングで最も気をつけているのは、「体の回転でスイングする」ということです。当たり前のことのように思われるかもしれませんが、試合の大事なショットでついつい手だけで上げてしまうことがよくあるからです。

 体を回転させるために意識しているのが、テークバックの始動は左肩から動かしていくことです(写真〔1〕)。その理由は、手元が先に動くと(同〔2〕)、そのまま手だけのスイングになってしまう危険性があるからです。

 最初は手を使わず、左肩を動かしてからその動きにともなって手が動くというイメージでクラブを上げていくようにしています。左肩主導でスイングすれば、トップも腕だけを振り過ぎることなく、決まりやすくなります。

 そして、切り返し以降も、回した左肩を元に戻すイメージでダウンスイングします。インパクトからフォロースルーにかけては、バックスイングほど肩の動きを強く意識するわけではありませんが、肩から戻す(回す)という意識があれば、体の動きもスムーズになるし、手が余計なことをしなくなるという利点があります。

 一般ゴルファーのスイングを見ていると、「少しでも飛距離を伸ばしたい」という気持ちが強いのか、トップからの切り返しで力が入り、ダウンスイングで右肩が下がった形(同〔3〕)になっているのをよく見かけます。左肩を回す意識を持っていれば、このような動きになるのも防げるはずです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう