記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】日本男子ツアーの低迷、客を呼ぶ「大物役者」選手会長・遼クンの奮闘に期待 (2/2ページ)

 大物役者のタイガーは、やっぱり心得ている。ファンの期待を一身に集め、しかも「最終日65で回ればプレーオフに残れるかもしれない」と思ってティーオフしたという。タイガーに負けず好プレーを展開した松山クンも、やっぱり大物役者と言っていいのではないだろうか。

 日本男子ツアーは低迷と言われ続けている。それは「大物役者」がいないからだ。役者を育てるのは観客でもあるから、ニワトリと卵になってしまうけれど…。今季は選手会長に就任した石川遼クンが大物役者ぶりを発揮してくれることを祈るばかりだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう