記事詳細

温厚な錣山親方が“あキレた” 容赦ないリポーターに「もう少し日本語を勉強しましょう」

 1日に都内で開かれた貴乃花一門の一門会終了後、無言で立ち去った貴乃花親方に代わり、ワイドショーのリポーターとテレビカメラにもみくちゃにされたのが、錣山親方(55)=元関脇寺尾=だった。

 しかも「明日は誰に投票するのか?」と答えようがない質問ばかり。「そういうのは明日になればわかるじゃないですか」と繰り返したが、リポーターは容赦ない。

 「今のお気持ちだけでも」と質問され、「お気持ちはないでしょ。もう少し日本語を勉強しましょう」と温厚な錣山親方がブ然とする場面も。

 揚げ句「(この日行われた)師匠会で八角理事長と選挙の話をしていたのか?」と聞かれ「師匠会で選挙の話をするわけないでしょ。みなさんもっと勉強してください」とあきれ返った。車へ向かう進路をふさがれ「僕帰りたいんです」と、約80メートルの距離を歩くのに6分も要した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう