記事詳細

貴乃花親方が理事候補選で落選 副理事は錣山親方が及ばず

 日本相撲協会は2日、東京都墨田区の両国国技館で2年の任期満了に伴う役員候補選挙を行った。全親方による投票で理事候補選は貴乃花親方(元横綱)が落選し、副理事候補選は錣山親方(元関脇寺尾)が落選した。

 理事候補選挙の当選者は春場所千秋楽翌日の3月26日に開かれる評議員会の承認を経て就任し、同日に新たな理事メンバーで理事長を互選する。

 理事候補選の当選者は貴乃花一門から阿武松親方(元関脇益荒雄)、出羽海一門から春日野親方(元関脇栃乃和歌)、出羽海親方(元幕内小城ノ花)、境川親方(元小結両国)、山響親方(元幕内巌雄)の4人、二所ノ関一門から尾車親方(元大関琴風)、芝田山親方(元横綱大乃国)の2人、高砂一門から八角親方(元横綱北勝海)、伊勢ケ浜一門から高島親方(元関脇高望山)、時津風一門から鏡山親方(元関脇多賀竜)。

 副理事候補選の当選者は出羽海一門から藤島親方(元大関武双山)、二所ノ関一門から花籠親方(元関脇太寿山)、時津風一門から井筒親方(元関脇逆鉾)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう