記事詳細

巨人、ファン呆然の「あり得ない」参拝 高橋監督ら車乗り付けVIP待遇、出待ち置き去り風のように去る

 巨人の宮崎春季キャンプは今年が60回目。キャンプインの2月1日の参拝先、青島神社で50年以上も定点観測してきた生き字引は、伝統球団の変わりようを嘆いている。

 参拝に訪れる高橋由伸監督(42)や選手の姿を一目見ようと、冷たい潮風がすさぶ気温3度の参道で早朝から待っていた熱心なG党たちは、予想だにしない展開に呆然とした。

 例年なら監督や選手は約600メートルの参道をファンの激励を受けつつ歩いて本殿に入る。ところが今年は高橋監督、川相2軍監督と球団幹部が乗る2台の車がファンの眼前を走り抜け、鳥居をくぐり社務所まで乗り付けた。一般車両は通行禁止だが、荒天を受けてのVIP待遇。選手一同は参拝しなかった。

 まさかの肩すかしに、大部分のファンが肩を落とし引き上げた。それでも一部は境内で出待ちしたが、参拝を終えた一行は再び車に乗り込み、風のように去っていった。

 境内売店で一部始終を見ていた70代の女性店員は「この雨風じゃ車でも仕方ないけど、せめてファンに手を振るとかねえ。50年以上ここにいるけど、王さんや長嶋さんが監督の頃じゃあり得ない」と寂しげ。

 「現役時代の長嶋さんは朝、ランニングに来て気さくに挨拶してくれた。おかしくなったのは堀内監督になった頃(2004年)から。参拝でも選手が皆、下を向いて暗い顔だった」

 2年前の参拝時も、ファンを一顧だにせず引き上げる高橋監督に、思わず店頭から「ファンが雨にぬれながら待ってたんですよ!」と大声で訴えたという。「監督1年目で余裕がないのかなと思ったけど、2年たっても同じですね。ファンあってのプロ野球なのに」

 高橋監督はこの日、「60年の歴史がある。シーズンが宮崎で始まるのは自然のこと」と愛着を語ったが…。長い歴史のどこかで、巨人から大切なものが失われてはいないか。(笹森倫)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース