記事詳細

【2・9平昌五輪開幕 日本代表マル秘ストーリー】高校時代もレジェンドだった葛西紀明 同級生が明かす伝説の「たらこ唇」事件 (1/3ページ)

★(3)

 平昌で冬季五輪史上最多の8大会連続出場を果たす、スキージャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)。45歳にしてトップアスリートとして戦い続ける姿に、同世代のサラリーマンから尊敬と共感のこもった熱視線が送られている。現役にしてレジェンドと呼ばれる男は、実は東海大四高(現東海大札幌高)時代から数々の“超マイペース”伝説の持ち主だった。当時のクラスメートが明かす。(飯田絵美)

 平昌五輪に臨むスキージャンプ男子の日本代表は1日、札幌市内で記者会見。葛西は「これまでの7大会同様、金メダルを取りたいという気持ちで行く」と力強かった。

 19歳で1992年アルベールビル五輪に初出場したのを皮切りに、リレハンメル、長野、ソルトレークシティー、トリノ、バンクーバー、ソチ五輪に出場。そして平昌へ向かう。

 所属の土屋ホームではスキー部の選手兼監督を務め、会社の組織上は部長。“スーパー45歳”はかつて、どんな高校生だったのだろう。

 東海大四高で3年間同じクラスに在籍し、現在は東京・二子玉川のイタリアンレストラン「トラットリア エテルニータ」のオーナーシェフ、五十嵐誠さん(45)に聞いた。

 「僕らの学年は11クラスもあったんですが、その内スポーツ特待クラスは2組。葛西はジャンプ、僕は陸上で推薦入学しました。あの頃から、僕は彼を天才だと思っていました」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース