記事詳細

中邑真輔 WWE王座獲得で世界的セレブリティーになるか (1/4ページ)

 プロレスラーの中邑真輔が、1月28日(日本時間29日)、アメリカのプロレス団体WWEのロイヤルランブル戦に初出場で初優勝したと大きく報じられた。「これまでアメリカで活躍した日本人プロレスラーはたくさんいますが、今のWWEでトップになった意義は大きい」と、2001年までのWWEの歴史をまとめた『フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座』(電波社)著者でプロレス評論家の斎藤文彦氏はその歴史的快挙を語る。

 「ライバル団体の買収や消滅などを経て、2000年代以降のWWEはアメリカで唯一のメジャープロレス団体になりました。毎週月曜日に行われる3時間番組『ロウ(Raw)』、火曜日の2時間番組『スマックダウン(SmackDown)』は全米で200~400万世帯がテレビ生放送を視聴し、2014年からは独自の9.99ドル(約千円)定額ストリーミングサービスWWE Networkも配信されています。さらに2017年4月から、日本ではJリーグ全試合中継で知られるDAZN(ダ・ゾーン)でも『ロウ』と『スマックダウン』が生配信で見られるようになりました。衛星放送などもあわせて、WWEはその瞬間を同時に分かち合うファンが世界中に居るグローバルな存在になりました。

 WWEはアメリカで4大スポーツMLB、NFL、NBA、NHLに次ぐファンと影響力を持っただけでなく、世界でも指折りのスポーツ・エンターテインメントに成長しました。テレビと動画ストリーミングをあわせて世界180カ国(20カ国語)、6億5000万世帯に視聴されています。そこでトップに立った中邑は、アメリカのプロスポーツのスーパースターというだけでなく、今やハリウッドスターでもあるザ・ロックことドウェイン・ジョンソンのような存在になるかもしれないですね」

 現在公開中の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』主演や『ワイルド・スピード』シリーズ出演で知られるアクション俳優のドウェイン・ジョンソンは、2000年代にWWEで「ザ・ロック(ロック様)」のリングネームで活躍した人気レスラーでもあった。彼の経歴を見ると、2000年にはロイヤルランブルで優勝している。中邑はいま、その大スターと同じような戦歴をつくり、ザ・ロックの時代にはなかった動画ストリーミングサービスを通じて、より広い世界で知名度を高めつつある。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース