記事詳細

高梨沙羅 額に輝く「バスクリン」の秘密 (1/2ページ)

 今季W杯未勝利のまま平昌五輪本番を迎えることになったスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21)。試合後も今季は表情を曇らせることが多かった。ただ、どうにも気になるのは、国際大会なのに、「おでこ」に大きく表示された“カタカナ”だ。

 〈バスクリン〉--。競技中のヘルメットも、試合後にかぶるニット帽も高梨の額の部分に大きく、入浴剤「バスクリン」のロゴがある。

 「プロ宣言した高梨は、スポーツ用品メーカーはもちろんのこと、化粧品会社まで幅広くスポンサー契約を結んでいます。ウィンタースポーツの選手はメディア露出の機会も限られるのでさほど大きな契約にはならないが、高梨は数少ない例外。CM出演料は1本約1000万円といわれています。

 競技中の額の部分という“絶好の位置”を確保しているのが『バスクリン』ですが、スポンサー料はCMギャラから考えて数百万円ほどでしょう。試合後インタビューのたびに各局のスポーツニュースで必ず写り込むから、効果は抜群です」(広告代理店関係者)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース