記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】中日・松坂復活のカギ握る「フォークの神様」 江川氏、復活させた「下半身の土台作り」がかみ合えば… (1/2ページ)

 立春が過ぎたというのにまだ寒い。東京では2週連続して雪…。寒波は日本列島全体を覆った。温暖な地を求めて旅立ったプロ野球のキャンプ地の宮崎、沖縄も例外ではない。

 近年は便利である。テレビのCS放送ではキャンプの模様が生で映される。宮崎では選手たちがネックウォーマーを付けるなど寒さ対策。沖縄も例年になく寒いらしい。

 ともあれ、キャンプは進行中。気になる選手はチェックです。中日に入団した松坂大輔投手。沖縄・北谷キャンプにチャンネルを合わせると、映し出された画面に“元気な爺”が見えた。御年92歳になる杉下茂さん。松坂がピッチングする後方にその姿があった。

 現役時代は“フォークの神様”と呼ばれ、6年連続20勝以上を挙げるなど通算215勝のレジェンドである。中日監督、阪神、巨人、西武コーチなどを歴任。しばらく“隠居”していたが、1996年からキャンプで臨時コーチを務めている。今年で23年連続の沖縄入りだ。

 「僕はね欠点を指摘する前に、褒めて褒めたたえるんだ」。昨年北谷を訪ねたとき、こう話していた。好々爺らしい言葉であるが、いま松坂をどう見ているのか? 中日担当記者によると、こう話しているそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース