記事詳細

ジャマイカに契約の概念ある!? ラトビア製そりと“不倫”で下町ボブスレーが法的措置へ

 「ジャマイカチームとは必死に夢を追い掛けてきた。6年間、中小企業の仲間が力を合わせてきた。まだあきらめていない」

 東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発する「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は5日、都内で記者会見を開き、そりを供給してきたジャマイカ連盟が9日開幕の平昌五輪で下町ボブスレーを使用しないと回答してきたと発表。細貝淳一ゼネラルマネジャーは目を潤ませながら訴えた。

 同プロジェクトのボブスレー開発にかける情熱と苦労は、2014年3月にNHKBSプレミアムで実話をもとにテレビドラマ化されたこともある。

 ジャマイカは女子2人乗りで五輪の出場権を獲得したが、「下町ボブスレーはスピードが足りない」として、昨年12月のワールドカップ(W杯)でラトビア・BTC製のソリを使い、好結果を残したことから、五輪でも継続してラトビア製を使用する可能性を伝えてきていた。

 推進委は提供したそりで五輪に参戦する契約をジャマイカ連盟と締結しており、使わなかった場合の違約金は「そり1台あたりの開発費と輸送費の合計金額の4倍、6800万円」と規定があるという。今後も交渉は続けるが、実際に使用が確認できなかった場合は損害賠償請求などの法的措置を取る方針。

 既に推進委のメンバーが平昌入りし、ジャマイカのチームに整備を申し出たが、「(下町ボブスレーは)われわれのそりではない」と拒否されたという。「悲しい。なんで約束していることがこんなに簡単にひっくり返されてしまうのか。怒りはとうになくなっている。怒ったところで解決しない」と細貝ゼネラルマネジャー。

 少しでも有利な用具を使いたいのも人情だろうが、ジャマイカチームには契約という概念があるのだろうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう