記事詳細

沈黙破る! 貴乃花親方が緊急特番 これからはメディアでモノ申す 八角体制盤石にみえるが…発言で形勢逆転も (2/2ページ)

 一気に協会内での発言権を失ったようにも見える貴乃花親方だが、元日馬富士を損害賠償請求の民事訴訟で訴える可能性も取り沙汰され、さらに支援者の龍神総宮社(京都府宇治市)祭主、辻本公俊氏は「(理事から外れた方が)メディアに出てモノを言うこともできる」との見方を示している。実際、今後週刊誌のインタビューにも登場するとのウワサも駆け巡っている。

 「貴乃花親方は一本気で口べたなので、誤解を招きやすい。理事選に落選して八角理事長体制が盤石となったが、貴乃花親方が逆に機をとらえて発言をしていけば、ファンは多いだけに形勢逆転の可能性もある」(相撲協会関係者)との見方もある。収束するかにみえたこの騒動、まだ一波乱ありそうだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース