記事詳細

亀田興毅氏、復帰の場合は1試合限定「最後に日本のリングに上がりたい」

 1月に現役復帰の意向を示したボクシングの元世界3階級王者、亀田興毅氏が7日、復帰する場合は1試合限定であることを明らかにした。東京都内で取材に応じた。

 2015年10月に引退した亀田興氏は、所属ジム会長らが日本ボクシングコミッション(JBC)から処分を受けた影響で、最後に日本で試合をしたのは13年。「最後に日本のリングに上がりたい」と理由を述べた。

 5月の実施を見据え、名前は伏せたが、対戦を希望する選手と交渉中。現在の体重は60キロ余りで「トレーニングはしている。多少なりとも前に進んでいる」と説明した。バンタム級(リミット53・5キロ)かスーパーフライ級(同52・1キロ)での対戦を検討し、ラウンド数は未定という。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう